プレマリンとエストロモンの価格比較一覧表

医薬品名 1錠あたりの薬価 月間費用 年間費用
プレマリン 74円 8,880円 106,560円
エストロモン 25円 3,000円 36,000円

上記の価格比較表の通り、先発医薬品のプレマリンと後発医薬品のエストロモンの価格差は、約3倍と大きな開きがあります(※月間費用と年間費用は毎日4錠を服用したとして計算)。

右端に記載の「年間費用」を見比べるとその差が一目瞭然です。

薬の成分や効果・効能が同じであるなら、やはり費用負担が軽減されるジェネリック医薬品のエストロモンを選択したいところです。以下に、実際にエストロモンを服用されている方の口コミ体験談をご紹介いたします。

エストロモンの効果や副作用についての使用体験談

出産後にホルモンバランスがくずれ、毛が濃くなったり、イライラしていましたが、少し落ち着いてきたような気がします。肌の質感がもちっとしてきたので、その効果かどうかはわかりませんが続けてみようと思います。(28歳・女性)

確実に胸が大きくなってきました。カップがAからBになり、乳首の大きさも以前とは全然違います。ハリも出てきているので、いい感じです。(32歳・女性)

更年期障害のため、飲んでみましたが、気休めかもしれないけれど効果が出てきている気がします。仕事の後、だるくてどうしようもなかったのですが、いまはこの薬に頼っています。(49歳・女性)

ネズミ駆除

「安い!」だけでエストロモンを通販するのは危険

先の価格一覧表の通り、先発医薬品でなくジェネリック医薬品であるエストロモンを選択すると驚くほど治療にかかる費用負担を抑えることができます。

しかしながら、この「安さ」だけを求めてエストロモンを購入してしまうと、様々なリスクにさらされる危険が伴います。その中で最も怖いリスクは、やはり「健康被害」です。全くのニセモノや有効成分が不安定な粗悪品が医薬品市場に出回っている事実を真剣に考慮しなくてはなりません。

この「健康被害」に対する不安・心配を解消するためには、長く安心してお付き合いのできる販売店をしっかり確保しておく必要があります。購入先を選ぶ際には、まずは信頼の目安となる「第三者機関である薬剤師会の成分鑑定書が公開されているか?」をチェックしてください。

当サイトの価格比較表に掲載しているオオサカ堂は、薬剤師会の成分鑑定書を各医薬品販売ページ別に公開し100%純正品のみを取り扱っているので安心です。

プレマリンとエストロモンについての基礎知識

プレマリンもエストロモンもどんな薬かわからないという方は以下を参考ください。

先発医薬品のプレマリンとは?

プレマリンは、米国のPfizer社が製造・販売している女性ホルモンを供給するためのエストロゲンホルモン剤です。妊娠中の馬の尿から作られる天然の卵胞ホルモンで、不妊治療や更年期障害、閉経後に起こりやすいとされている骨粗しょう症、また前立腺がんの治療などにも使用されています。服用量は年齢や疾患によって増減され、乳がんや脳卒中、冠動脈性の心疾患などのリスクが高くなるという研究結果もでていますので、服用方法には必ず従うようにし、長期的に服用するためには、検診を定期的に受けるようにします。また、喫煙は、血栓症の発症リスクを高める恐れがあるため、プレマリン服用中は喫煙を控えるようにします。

後発医薬品のエストロモンとは?

エストロモンは、プレマリンのジェネリック医療品です。女性ホルモンを補うために使用される医薬品で、ホルモンバランスの乱れによるイライラや肩こり汗やのぼせなど更年期障害の症状をやわらげるとされています。また、女性らしい丸みのある体つきになるため、バストアップ効果も期待されます。

医薬品名 1錠あたりの薬価 月間費用 年間費用
プレマリン 74円 8,880円 106,560円
エストロモン 25円 3,000円 36,000円

スチームクリーナー